更なる進化を遂げるフコイダン

低分子フコイダンのメリットについて

フコイダンとは海藻などに多く含まれる天然成分であり、抗酸化作用や免疫力の向上効果など、人体にとって有益な効果をもたらしてくれる成分となります。何も調整を行っていないフコイダンの分子は「高分子」と呼ばれる状態であり、この状態のフコイダンは効果こそ大きいが体内に吸収されづらいという特徴を持っているので接種をしても十分な成分効果は見込めません。高分子があるのであれば「低分子」の状態のフコイダンという状態も存在しこちらの方が体内の吸収率が格段に上昇します。

吸収されづらい高分子から一転し、吸収されやすく調整された「低分子フコイダン」がもたらすメリットとして、「吸収率の効率化」「内臓に負担をかけずに吸収が可能」といった利点が挙げられどれも高分子フコイダンにはない特徴です。低分子になったことにより高分子と比べると分子一つの大きさが小さくなり効果が弱まってしまっています。ですがそのデメリットは吸収率の効率化により効果の低さを克服しているのです。結果として高分子フコイダンを摂取するよりも、低分子フコイダンを摂取した方がフコイダンの効果を高い基準で得られることになっており、現状のサプリメントに含まれているフコイダンは低分子の物が数を占めているのです。

臨床研究が進み続けるフコイダンの力

フコイダンとはワカメや昆布など海藻類の透明感あるドロドロしたぬめり成分の部分です。フコイダンはガラクトースなどが含まれている化合物ですが、特に多糖類のL-フコースが多く体内の細胞に種々の効能をもたらしています。効能としては、コレステロール低下、抗アレルギー、血圧の上昇を抑える、中性脂肪低下などがありますが、近年になり医療機関による臨床研究が進み、がん治療にも使うことができるのでないかと議論されるようになりました。

フコイダンといっても高分子と低分子の2タイプあり、高分子は体内に吸収はされにくいデメリットがある一方、フコイダン本来の作用力の高さを維持できます。逆に、低分子になると体内への吸収力は高くなるメリットがある一方、作用力が高分子よりもやや低くなるため、摂取量が重要になってきます。

では、その吸収率の高さを生かした低分子フコイダンをどのように治療に役立てているのでしょうか。
フコイダンは海藻など食品から抽出ものであるため、医療用として用いても副作用が無く、安全に使用することができます。低分子フコイダンを体内に摂取すると免疫細胞が活性化し、免疫力があがります。更に、血管内皮細胞増殖因子の抑制効果に加え、血管の形成を抑制する働きもあり、がん細胞による新生血管の生成を抑えることもできることが明らかになってきました。新生血管の生成を抑えることができれば、手術のリスクも減らすことができます。

Calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

List

2017年07月27日
低分子フコイダンで吸収性アップ!を更新しました。
2017年07月27日
更なる進化を遂げるフコイダンを更新しました。
2017年07月27日
医療業界も注目のフコイダンを更新しました。
2017年07月27日
美容業界も注目のフコイダンを更新しました。

Copyright(C)2017 あらゆる業界から注目を集め続ける低分子フコイダンの潜在能力 All Rights Reserved.