医療業界も注目のフコイダン

低分子フコイダンの効果とは?

フコイダンとは、モズクなどの改装に多く含まれる粘り成分の事です。フコイダンには「抗がん作用」「免疫力増強」「抗アレルギー作用」といった人体に有益な効果をもたらしてくれる成分であり、そんなフコイダンを低分子化することで体内に吸収されやすくなる効果を持っているのです。体内に吸収しやすいよう、低分子処理をされているフコイダンは一つ一つの分子が小さくなっています。分子が小さいという事はそれだけフコイダンの効果も小さくなっているという事であり、体内に吸収されやすい反面、抗がん抗アレルギーといった効果も弱くなっているのが特徴なのです。

かといって高分子フコイダンを摂取しようとしても、その特性から体内に吸収されず尿や便と一緒に排出されてしまっては元も子もありません。近年の研究では高分子の効果を維持したまま、低分子のよう名吸収率を再現することも進められており、結果としてどちらの効果も合わせ持つ「両分子フコイダン」の開発に成功しています。一般流通はしていませんが、癌患者に対し代替治療にも積極的に使用されているなど癌治療に取り入れられていることでも注目を集めているフコイダンなのです。

通販サイトなどで購入できるようなものは高分子か低分子のフコイダンだけなのですが、どちらも一長一短な効能を持つフコイダンなのです。

抗がん剤と併用を行うフコイダンについて

抗がん剤とは、癌細胞に大量の活性酸素を浴びせ癌細胞を死滅させるといった治療法であり、さまざまな副作用をもたらすものでもあります。フコイダンには副作用の原因となる過剰なまでの活性酸素による副作用を中和してくれるのではないかと近年明らかとなっているのです。様々な臨床結果の結果、副作用を軽減してくれるだけではなく、抗がん剤の効果が飛躍的に上昇するといった衝撃的な臨床結果が出たのです。

抗がん剤はがん細胞の他にも正常な細胞までも攻撃をしてしまう難点あり、使用者に大きな苦痛をもたらします。ですが、海藻由来の低分子処理を行ったフコイダンは癌細胞だけを判別する効果を持っており、この効果が抗がん剤による正常細胞の攻撃を軽減する効果につながるのだと上記の臨床結果により推測がされています。低分子フコイダンの効果がもたらす上記の識別機能により癌治療に大きな躍進をもたらす可能性を秘めている成分であり、抗がん剤との併用により副作用のない抗がん剤が生まれる可能性は十分に秘めています。現状では抗がん剤とフコイダンの併用による具体的な治療は確立がしておらず、研究が進められている状態なのですがこのような理想的な抗がん剤が生まれるのも時間の問題といったところなのです。

Calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

List

2017年07月27日
低分子フコイダンで吸収性アップ!を更新しました。
2017年07月27日
更なる進化を遂げるフコイダンを更新しました。
2017年07月27日
医療業界も注目のフコイダンを更新しました。
2017年07月27日
美容業界も注目のフコイダンを更新しました。

Copyright(C)2017 あらゆる業界から注目を集め続ける低分子フコイダンの潜在能力 All Rights Reserved.